Processing (BETA) version 135+ のリファレンスです。 旧バージョン使用者はソフトウェア内のリファレンスを参照してください。
この文書は Processing のAPIリファレンスを日本語に訳したものです。 最新の内容は 英語版 で確認して下さい。


Name

perspective()

Examples
example pic
// Re-creates the default perspective
size(100, 100, P3D);
noFill();
float fov = PI/3.0;
float cameraZ = (height/2.0) / tan(PI * fov / 360.0);
perspective(fov, float(width)/float(height), 
            cameraZ/10.0, cameraZ*10.0);
translate(50, 50, 0);
rotateX(-PI/6);
rotateY(PI/3);
box(45);
Description 遠くにあるものを近くにあるものより小さく見せる短縮法(foreshortening)を適用する透視射影(perspective projection)を設定します。 パラメタは先端を切り取った円錐の形で視体積(viewing volume)を定義します。 体積の前側に近い物体は実サイズで表示され、遠くにあるものは小さく表示されます。 この射影は正射影(orthographic projection)よりも正確に実世界の遠近感をシミュレートします。 パラメタを指定しない透視射影ではデフォルトの透視射影が設定されます。 また、4つのパラメタを指定した場合、プログラマは正確に領域を決定することができます。 デフォルト値を以下に示します。

perspective(PI/3.0, width/height, cameraZ/10.0, cameraZ*10.0) where cameraZ is ((height/2.0) / tan(PI*60.0/360.0));
Syntax
perspective()
perspective(fov, aspect, zNear, zFar)
Parameters
fov float: field-of-view angle (in radians) for vertical direction
aspect float: ratio of width to height
zNear float: z-position of nearest clipping plane
zFar float: z-position of nearest farthest plane
Usage Web & Application
Updated on September 23, 2006 05:40:18pm PDT

Creative Commons License

この文書の原文はクリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)Attribution-Noncommercial-Share Alike(表示・非営利・継承) ライセンスで公開されています。 このライセンスは同一の許諾条件の下で原作者のクレジットを表示し、また作品を営利目的で利用しなければ、作品に対して複製、頒布、展示、実演、二次的著作物の作成が行えることを示します。

© 2007 Processing.org